Content

ブランドアンバサダー

エバシスジャパン ブランドアンバサダー

石谷 貴之 Taka Ishitani

バリスタはそれぞれ自分の理想のコーヒー像を持っています。
しかし常に一貫性をもってそれを実現することはトップクラスのバリスタで
さえ非常に難しいことだと思います。

そのようなこともあり、個人的にはセミオートマシンに対抗できるクオリティのフルオートマシンの登場をずっと待ち望んでいました。
その想いはフリーランスのバリスタとして日々活動するようになり特に抱く
ようになりました。

エバシスのようなフルオートマシンが普及することでバリスタは時間的な
制約から解放されるでしょう。これまではバリスタがそこにいることで
「最高の一杯」を提供してきましたが、自分が理想とするコーヒー像を予め「マシンに込める」ことで、自身の分身をエバシスに「託す」ことが出来るのです。それによって「最高の一杯」を何時でも、どんな場所でも提供できる
ようになるのです。

それはバリスタが不要になるということではなく、私たちバリスタは、
メニュー開発やお客様の声に耳を傾けるなど、人間にしかできないもっと
クリエイティブなことに注力することが出来るようになるということだと
思います。

そんな世の中はもうすぐそこまで来ている気がします。

2012年より独立しフリーランスで活動開始。
2017年ジャパンバリスタチャンピオンシップ優勝、
2009年、2012年、2015年準優勝。
Coffee Fest Latte Art世界選手権 審査員。
バリスタのトレーニングからスタッフ育成、店舗の
立ち上げやオペレーションなど、幅広いコーヒーの
コンサルティングを行っている。

Taka Ishitani

エバシスグローバル ブランドアンバサダー

マット・パーガー Matt Perger

チャンピオンバリスタであり、コーヒー業界に大きな影響を持つマットは
マーケットトレンドの先を見据えた活動をしていました。彼は2015年時点で
スーパーオートマティックコーヒーマシンが隆盛を迎えることを予言していたのです。そんな彼はエバシスにとって最高のパートナーとなりました。

私たちは同じコーヒー哲学を共有しています。素晴らしいコーヒーとはなにか。革新的なコーヒー技術やスーパーオートメーション化がバリスタを
解放し、より一層彼らがクリエイティブなことに注力できる環境に変わって
いくこと。

マット・パーガー コメント
「私は何よりコーヒーを愛しているのでこの仕事をしています。そして
エバシスの技術はコーヒーの品質、ひいてはお店のサービス向上にも役立っています。コーヒー市場は高いクオリティのスーパーオートマティックコーヒーマシンの登場を待っていたのです。中でもカメオは業界の常識を変えることのできるゲームチェンジャーになりえると思います。なぜならバリスタをも
驚かせるほどのコーヒーの品質と味の均一性をもっているためです。」

オンラインコーヒーガイドサイト「Barista Hustle」
立ち上げ、運営。
2012年ワールドブリュワーカップ優勝、
2013年ワールドバリスタチャンピオンシップ準優勝。

Taka Ishitani